環境・地球科学国際共同大学院プログラム logo

ホーム > カリキュラム > シラバス

シラバスSyllabus

科目名 (和文)環境・地球科学特殊講義I
(英文)Advanced Lecture on Environmental and Earth Science I
提供する大学 東北大学 認定単位数 2
担当教員 氏名・職 (日本側)GP-EES各教員
(海外連携機関)バイロイト大学・ハワイ大学・ノボシビルスク大学・パリ第六大学・フィレンツェ大学・アーヘン工科大学・グルノーブルアルプス大学・コロラド鉱山大学・韓国極地研究所等の協定機関の各担当教員
内容 地球惑星科学・環境地球科学における重要課題に取り組み、国際的に活躍するための学力を身に付けるために、固体地球・地球表層環境・惑星進化の各研究分野について、最新の研究成果を含めた講義を英語で行う。大学院生は、対話形式の講義を通じて、また連携先大学の学生も同時に受講することで、先端研究力だけでなく、コミュニケーション能力を獲得することが期待される。開講される講義は毎年異なるので、連絡に注意すること。各大学院生が最初に受講した内容に、Iの本単位を割り振る。連携先機関に長期滞在中に講義等を受講することを奨励し、コミュニケーション能力を獲得することが期待される。本単位を認定する場合があるので、GP-EES教務委員に相談すること。
科目名 (和文)環境・地球科学特殊講義II
(英文)Advanced Lecture on Environmental and Earth Science II
提供する大学 東北大学 認定単位数 2
担当教員 氏名・職 (日本側)GP-EES各教員
(海外連携機関)バイロイト大学・ハワイ大学・ノボシビルスク大学・パリ第六大学・フィレンツェ大学・アーヘン工科大学・グルノーブルアルプス大学・コロラド鉱山大学・韓国極地研究所等の協定機関の各担当教員
内容 地球惑星科学・環境地球科学における重要課題に取り組み、国際的に活躍するための学力を身に付けるために、固体地球・地球表層環境・惑星進化の各研究分野について、最新の研究成果を含めた講義を英語で行う。大学院生は、対話形式の講義を通じて、また連携先大学の学生も同時に受講することで、先端研究力だけでなく、コミュニケーション能力を獲得することが期待される。開講される講義は毎年異なるので、連絡に注意すること。各大学院生が二番目に受講した内容に、Ⅱの本単位を割り振る。連携先機関に長期滞在中に講義等を受講することを奨励し、本単位を認定する場合があるので、GP-EES教務委員に相談すること。
科目名 (和文)環境・地球科学特殊講義III
(英文)Advanced Lecture on Environmental and Earth Science III
提供する大学 東北大学 認定単位数 1
担当教員 氏名・職 (日本側)GP-EES各教員
(海外連携機関)バイロイト大学・ハワイ大学・ノボシビルスク大学・パリ第六大学・フィレンツェ大学・アーヘン工科大学・グルノーブルアルプス大学・コロラド鉱山大学・韓国極地研究所等の協定機関の各担当教員
内容 地球惑星科学・環境地球科学における重要課題に取り組み、国際的に活躍するための学力を身に付けるために、固体地球・地球表層環境・惑星進化の各研究分野について、最新の研究成果を含めた講義を英語で行う。大学院生は、対話形式の講義を通じて、また連携先大学の学生も同時に受講することで、先端研究力だけでなく、コミュニケーション能力を獲得することが期待される。開講される講義は毎年異なるので、連絡に注意すること。各大学院生が三番目に受講した内容に、Ⅲの本単位を割り振る。連携先機関に長期滞在中に講義等を受講することを奨励し、本単位を認定する場合があるので、GP-EES教務委員に相談すること。
科目名 (和文)環境・地球科学実践演習I
(英文)Practical Course on Environmental and Earth Science I
提供する大学 東北大学 認定単位数 2
担当教員 氏名・職 (日本側)GP-EES各教員
(海外連携機関)バイロイト大学・ハワイ大学・ノボシビルスク大学・パリ第六大学・フィレンツェ大学・アーヘン工科大学・グルノーブルアルプス大学・コロラド鉱山大学・韓国極地研究所等の協定機関の各担当教員
内容 実験・野外調査・観測などの一次データを自力で取得できる、現場に強い実践的研究力や、研究分野をリードするためのディスカッション能力・マネージメント力を身に付けるため、日本とは異なるテクトニックセッティングに立地する海外のフィールド巡検(ハワイやカナリア諸島等のホットスポット、台湾やアメリカ西海岸等の変動帯、アイフェル等の大陸内火山地域、アパラチア・カレドニア島造山帯、カナダ等楯状地など)、ESRFや APF等の放射光施設など先端的な実験施設での実験や、JAMSTEC等の海洋調査船への乗船、連携先大学院生も交えたスクールの自主企画などを行う。GP-EES主催以外での活動への単位認定に際しては、事前に申請すること。各大学院生が最初に受講した内容に、Ⅰの本単位を割り振る。
科目名 (和文)環境・地球科学実践演習II
(英文)Practical Course on Environmental and Earth Science II
提供する大学 東北大学 認定単位数 2
担当教員 氏名・職 (日本側)GP-EES各教員
(海外連携機関)バイロイト大学・ハワイ大学・ノボシビルスク大学・パリ第六大学・フィレンツェ大学・アーヘン工科大学・グルノーブルアルプス大学・コロラド鉱山大学・韓国極地研究所等の協定機関の各担当教員
内容 実験・野外調査・観測などの一次データを自力で取得できる、現場に強い実践的研究力や、研究分野をリードするためのディスカッション能力・マネージメント力を身に付けるため、日本とは異なるテクトニックセッティングに立地する海外のフィールド巡検(ハワイやカナリア諸島等のホットスポット、台湾やアメリカ西海岸等の変動帯、アイフェル等の大陸内火山地域、アパラチア・カレドニア島造山帯、カナダ等楯状地など)、ESRFや APF等の放射光施設など先端的な実験施設での実験や、JAMSTEC等の海洋調査船への乗船、連携先大学院生も交えたスクールの自主企画などを行う。GP-EES主催以外での活動への単位認定に際しては、事前に申請すること。各大学院生が二番目に受講した内容に、Ⅱの本単位を割り振る。
科目名 (和文)環境・地球科学実践演習III
(英文)Practical Course on Environmental and Earth Science III
提供する大学 東北大学 認定単位数 2
担当教員 氏名・職 (日本側)GP-EES各教員
(海外連携機関)バイロイト大学・ハワイ大学・ノボシビルスク大学・パリ第六大学・フィレンツェ大学・アーヘン工科大学・グルノーブルアルプス大学・コロラド鉱山大学・韓国極地研究所等の協定機関の各担当教員
内容 実験・野外調査・観測などの一次データを自力で取得できる、現場に強い実践的研究力や、研究分野をリードするためのディスカッション能力・マネージメント力を身に付けるため、日本とは異なるテクトニックセッティングに立地する海外のフィールド巡検(ハワイやカナリア諸島等のホットスポット、台湾やアメリカ西海岸等の変動帯、アイフェル等の大陸内火山地域、アパラチア・カレドニア島造山帯、カナダ等楯状地など)、ESRFや APF等の放射光施設など先端的な実験施設での実験や、JAMSTEC等の海洋調査船への乗船、連携先大学院生も交えたスクールの自主企画などを行う。GP-EES主催以外での活動への単位認定に際しては、事前に申請すること。各大学院生が三番目に受講した内容に、Ⅲの本単位を割り振る。
科目名 (和文)環境・地球科学特別実験I
(英文)Advanced Experiment on Environmental and Earth Science I
提供する大学 東北大学 認定単位数 2
担当教員 氏名・職 (日本側)GP-EES各教員
(海外連携機関)バイロイト大学・ハワイ大学・ノボシビルスク大学・パリ第六大学・フィレンツェ大学・アーヘン工科大学・グルノーブルアルプス大学・コロラド鉱山大学・韓国極地研究所等の協定機関の各担当教員
内容 東北大学生が連携先機関において、博士課程在籍期間にのべ原則6か月以上の博士研究を行った場合に本単位を付与する。環境・地球科学国際共同大学院プログラムによるジョイントリー・スーパーバイズド・ディグリーを付与する主要な要件となる。研究課題は、東北大学の教員が用意した候補をもとに、連携先教員とよく相談の上、その詳細を決定する。実験や分析は大学院生が実施し、連携先機関教員・研究者の指導も受ける。研究により得られた成果は,その後の学会やシンポジウム・ワークショップ等の機会に英語により発表し、参加者と議論を行うとともに、博士論文の作成につなげる。研究内容や滞在期間、渡航時期については事前に十分に計画を策定すること。
科目名 (和文)環境・地球科学特別実験II
(英文)Advanced Experiment on Environmental and Earth Science II
提供する大学 東北大学 認定単位数 2
担当教員 氏名・職 (日本側)GP-EES各教員
(海外連携機関)バイロイト大学・ハワイ大学・ノボシビルスク大学・パリ第六大学・フィレンツェ大学・アーヘン工科大学・グルノーブルアルプス大学・コロラド鉱山大学・韓国極地研究所等の協定機関の各担当教員
内容 東北大において、連携先大学の学生が揮発性元素循環に関する博士課程研究をのべ3か月以上実施する。バイロイト大学IRTGプログラムではResearch Visitに対応する単位である。日本での放射光施設を利用した超高圧実験や、二次イオン質量分析計を用いた試料の分析、フィールド調査等など行う。研究課題は、連携先機関の教員・研究者が候補と東北大の受け入れ教員が協議の上で候補を用意し、大学院生はその中から選択して詳細を決定する。研究により得られた成果は,その後の学会やシンポジウム・ワークショップ等の機会に英語により発表し、参加者と議論を行うとともに、博士論文の作成につなげる。

pagetop