当ページでは、JavaScriptを使用しております。
ご使用のブラウザのJavaScript機能を有効にして、ページを再読込してください。

池田 理

池田 理
所属・研究室

地学専攻・量子ビーム地球科学研究室

指導教員 鈴木 昭夫 准教授
研究分野・テーマ

実験鉱物学 Experimental mineralogy、高圧鉱物物理 High-pressure mineral physicsなど

沈み込む海洋プレートは、地表に豊富に存在する水を地球内部のマントルへ輸送します。プレート(岩石)中における水の保持・輸送の形態には複数候補が挙げられており、私はその中で、水を結晶構造の中に取り込む含水鉱物に着目しています。殆どの含水鉱物はマントルの超高温高圧条件で分解し水を放出してしまうなか、FeOOHという化学組成を持つ含水相(含水鉱物)は、マントルの最深部、深さ約2,900 kmまで水を輸送できる可能性が示唆されています。私はこの含水相について、高圧条件下での物性測定(地震波が伝わる速度など)や相転移の観測を行い、地球内部の水循環への知見を得ることを目標にしています。