環境・地球科学国際共同大学院プログラム logo

ホーム > Program summary > プログラム長より

プログラム長よりFrom the program director

program-image 今年2016年秋から環境・地球科学国際共同大学院プログラムがスタートします。このプログラムは、本学の教員と海外のトップレベル大学の教員が連携・協力して本学の大学院学生を指導し、リーダーシップを持つ国際性豊かな研究者を育成することが目的です。本プログラムは本学でいくつか計画されている国際共同大学院の一つとして開設されるもので、スピントロニクス国際共同大学院に続いて2番目に開設されます。
学術研究において、多様なバックグラウンドを持つ人間との交流、連携、協力が新しいアイデア、ブレークスルーにつながることは言うまでもありません。その意味において、本プログラムは、今までに無い知識、経験、国際的ネットワークを備えた世界でもトップレベルの研究者を育成できるものと考えています。
理学研究科・環境科学研究科の大学院学生の中から書類審査と面接を経て選抜された者は、通常の学生が受講する科目に加えて特別な講義と連携先の大学における3ヶ月以上の研究を行なうことなどが求められます。このような様々なコースを通じて、自分の専門分野のみならず地球全体を理解する力が養成されます。一方で、経済的な支援や海外渡航に対する支援など、様々な支援を受けることができます。
本プログラムは、まず初めに、ドイツのバイロイト大学との連携でスタートします。近い将来には、欧米の他の大学との連携を積極的に進め、地学専攻および地球物理学専攻に関係する全ての分野、そして環境科学研究科の中で、いわゆる地球環境に関係する分野をカバーする予定です。乞う御期待!

pagetop