環境・地球科学国際共同大学院プログラム logo

NEWS

ホーム > NEWS > 2017/09/06

photo

2017/09/06

JASSO国際共同大学院プログラムによるM1海外派遣支援(9月11日まで!)

JASSO海外留学支援制度(協定派遣)および本プログラムの財源により、修士一年生を対象とした海外派遣支援を以下の通り行います。交流協定がある大学を派遣先として、研究指導(の可能性)や見学のための8日以上の現地滞在を想定しています。締め切りは、9月11日(月)です。ぜひご応募ください。

・事業名:JASSO国際共同大学院プログラムによるM1海外派遣支援
・支援対象:地学・地球物理学専攻所属の博士後期課程へ進学する可能性があるM1学生
・派遣先:学術交流協定のある大学、研究機関
・期間:現地で連続した8日間以上、年度内に帰国
・出発時期:2017年11月1日以降
・支援額:旅費(最大約25万円)+JASSO規定額奨学金(6~10万/月:派遣地による)
※JASSO規定額を超える奨学金を受給している学生は、渡航費と、JASSOに変えて同額の日当宿泊をGP-EESから支給

・募集締め切り:2017年9月11日(月)

<応募要領>
以下の情報を、上記〆切日までに国際共同大学院事務室奥山<shinobu.okuyama.b7[at]tohoku.ac.jp>宛てにメールでお送りください。([at]を@に直して送信してください)
(様式は自由です。(7)以外はメール本文に記載いただいても構いません。)
(1)渡航先
(2)協定の有無の確認
(3)時期・日数(*12月以降の出発の場合は、おおまかな日程で構いません。)
(4)指導教員名
(5)学生氏名・学籍番号
(6)渡航先における実施内容
(7)指導教員による学生の推薦書150字程度(*指導教員の先生が長期出張中など推薦 書を〆切まで提出できない場合はその旨お知らせください。)

お問い合わせ先:
国際共同大学院支援事務室(GP-EES担当 奥山)
〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-3
東北大学大学院理学研究科 事務棟 1階(H-11)
Phone:022-795-5577

募集要項(JASSO海外派遣支援)

pagetop